給料ファクタリング

給料ファクタリングと会社員や公務員として働いていて
給料を受け取っている個人が利用できる資金調達の方法です。

ファクタリングは売掛債権を専門会社に受け渡す代わりに、
その分の資金を早い段階で調達できる仕組みになっているのが特徴です。

その売掛債権の種類や金額的な大きさによって
どのくらいの資金調達が可能かは異なるので何を使うかが大きな課題になります。

その際に給料を債権として活用するやり方が給料ファクタリングで、
会社などに雇用されていて給料を支払ってもらっている人なら利用することが可能です。
調達できる資金の金額は給料に準じて決まることになるため、
稼いでいる人ほど大きな資金調達をすることができます。

このような形で給料を使うことができるのは、
もともと給料が債権として位置付けられているからです。

給料は従業員の労働への対価として位置付けられていて、
労働をしてくれたことに対して後日になってからお金を支払う仕組みになっています。

給与の基準や体系についても書面で明確に決められていて、
正しく支払われていない場合には従業員が裁判を起こして会社にお金を支払ってもらうことも可能です。

このような行為が認められているのは
雇用契約によって会社が労働の対価として
給料を定められた金額だけ支払う義務を負っているからに他なりません。

このような形の債権として成立しているからこそ
ファクタリングに活用できるようになっています。

ファクタリング

給与ファクタリングの方法には二つの候補があります。
一つ目は二者間で行われるシンプルなもので、
ファクタリングを申し込む本人と給与ファクタリングの対応会社の間で契約をするのが特徴です。

この場合には給与がこれだけあるとわかる給与明細書などの書類を根拠にして
ファクタリング会社に個人として申し込んで資金調達をする形になります。
そして、給与を受け取ったらファクタリング会社にお金を支払うという形で取引が成立するのが基本です。

二つ目は本人と給与ファクタリング会社に加えて債務を負っている本人の勤め先の会社が含まれる三者間の契約です。
この場合には前述のように債権そのものを譲渡する形になるのが特徴で、
本人が持っている給与債権をファクタリング会社に譲ることになります。

それによって本人は資金をファクタリング会社から受け取ることが可能です。

そして、ファクタリング会社は本人の勤め先から給与を支払ってもらうことで
提供した分のお金を回収する形になります。

給与ファクタリングは給料債権を活用して必要なときに資金調達ができるのが魅力です。
借り入れとは違うので信用情報などの影響を受けることもなく、
医療や冠婚葬祭など様々な理由でお金が必要になったときに利用できます。

用途も問われることがないのも安心な点で、
着実に勤め先で働いていれば給与債権も取り戻すことが可能です。

給与所得者として働いている会社員や公務員にとってメリットが多い資金調達の方法なのです。

申込み

ページの先頭へ