総量規制対象外即日融資

総量規制対象外のフリーローンから借り入れできる方法

さまざまな事情でローンの返済が困難な状態にあるけど、
債務整理だけは避けたいという場合は低金利のローンで借り換えする方法が役立ちます。

フリーローンは用途が幅広く設定されており、借り換えに使用できることが多いです。

ただ消費者金融のローンは総量規制対象になりますので、
借り換えをするならそれ以外の金融機関を選択しましょう。

総量規制対象外のフリーローンは、銀行や信用金庫・労働金庫などで用意しています。
総量規制の縛りは年収の3分の1までです。
この金額を超えた借り入れをしている方でも融資を受けられる可能性があるわけです。

借り換え目的でフリーローンを使用される方は、
カードローンの返済に困っているケースが目立ちます。

カードローンはATMで借り入れできる利便性のよさが魅力ですが、
金利が高めに設定されています。

フリーローンはカードが発行されないのでATMで借り入れはできませんが、
金利が低いというメリットがあるのです。
利息を抑えられるので複数のローンをまとめるのに適しており、
またカードが発行されないので借りすぎを防止できます。

簡単に借り入れできる方法ほど、債務超過に陥りやすいのです。
カードローンだと返済直後に借りることができますが、
こうした借り方をしていると利用残高が減りません。

借金における利息とは手数料であり、
いくら利息だけを支払っても残高は減らないのです。

総量規制オーバー

フリーローンの審査に通過するためには、無理のない返済能力の範囲で借りること、
利用目的を明確にすること、などがポイントです。
審査で信用力が高いと判断されれば、高額融資を受けられる可能性が高くなります。

銀行や信用金庫・労働金庫などでは年収の半分くらいまでなら融資してくれるケースがあります。
この場合ですと年収400万円ならば200万円まで借り入れできるのです。

これが消費者金融ですと130万円程度までしか借りることができません。
140万円になると総量規制の範囲を超えるので不可となります。

ローンの利用目的を金融機関に伝えるときは、正直に伝えるのがコツです。
現在利用しているローンの金利が高いので、
低金利のフリーローンで一本化したい、というように伝えれば問題ありません。

フリーローンから借り入れをすれば、借り入れ件数が増えることになります。
金融機関は審査において借り入れ件数をチェックしますが、
借りたお金を他社債務の返済に充てると伝えておけば、
審査で不利になる状況を回避できます。

フリーローンに申し込みするタイミングは、ローンを延滞していない状態であることが必須です。
延滞すると個人信用情報機関に登録されますので、審査に通過するのが難しくなります。

債務整理をした方ですと5~10年間は申し込みができません。
延滞が始まっている状態で焦って申し込みしても遅いので、
返済が厳しくなったらフリーローンの利用を検討してください。
ローンの審査には希望額も影響し、金額が小さいほど審査で有利になります。

プラスワンなら 総量規制対象外の借り入れ方法がありますので ご相談ください。

申込み

ページの先頭へ