消費者金融・街金・闇金の違いについての話ですが
さすがに、僕にも借金の経験があります。

急にお金が必要になってしまった時にイメージしたキーワードは、

消費者金融、街金、闇金、カードキャッシングだったのです。

テレビやネットでよく見たり聞いたりする消費者金融のCMを思い出すんですよね

初めてのアコム

きっとALSA

借金から想像するフレーズですが、

これらにはどのような相違があるのか理解していますか?

まず消費者金融ですが、その前に消費者金融の意味を理解していますか?

 

消費者が消費目的のために財貨・サービスの購入あるいは金銭貸借を行なう際に,
その支払いや返済を一定期間猶予するもので,
一般には金銭を直接貸し付けることを指す。

銀行などの金融機関のほか,
クレジット会社,信販会社,貸金業者などが主な与信者となる。

返済方式には割賦方式と非割賦方式があるが,
割賦方式のものを消費者ローンといい,金融機関,貸金業者,信販会社などが行なっている。
非割賦方式としては,民間金融機関の預金担保貸付け,銀行系カード会社のキャッシングサービスなどがある。

 

当初は サラリーマンを対象にした「サラ金」(サラきん、「サラリーマン金融」)、

その後 、おいしいビジネスに暴力団が運営するようになり、

高金利で貸すところを高利貸しというようになりました。

 

これは 海外にもあります。 闇の金融業者は「loan shark」闇金となり、

10日で1割、月20-30%で貸すところが出てきたり、

10日で3-5割、月90-150%で貸すところが 問題になったり

商工ローンの追い込みがすごいのがマスコミで騒いだことで

金利の見直しがあり、上限金利 年29% 貸し出しは収入の1/3までというのができたが

なぜか 銀行の貸入れは 法律外で問題になってましたよね。

 

これはTVのCMやネットで色々あるアコムやプロミス レイク アイフルといった大手企業を指します。
資金力のある企業だけあって法的に認可された安心して利用ができる金融機関です。
僕が利用したのも消費者金融でした。

 

次に街金ですが、これは街なかで営業している消費者金融のことを指します。
なんとなくダークなイメージですが、街金は違法営業などではなく、
きちんと法的に認められた貸金業者です。

「街なかの金融機関」が省略されて街金という名で定着しているわけですね。

 

ちなみに消費者金融も法的に認められた「街なかの金融機関」なので街金に含まれます。

 

アコムやプロミスといったTVで見る貸金登録業者を消費者金融、
それら以外のローカルな貸金登録業者を街金と呼ぶます。

 

次はカードキャッシングですが、これはクレジットカードにある借入れのことを指します。
カードキャッシングはクレジットカードさえあれば

簡単にお金を借入ることができるので大変に便利です。僕も何回も利用したことがあります。

 

消費者金融の発行するカードの借入れは、カードローンといいます。

消費者金融が発行するカードにもキャッシング機能がついています。

 

 

最後に闇金ですが、これは今まで紹介してきたのと違い違法です。

消費者金融やカードキャッシングは利用したこともありますが、
さすがに闇金は僕も利用したことはありません。

闇金は法を無視した、高い金利が当たり前で、
取り立てのためなら、どれだけ利用者に迷惑がかかろうとなんとも思わないブラック金融です。
お金に困ったからといって間違っても利用しないようにしましょう。
安心安全のソフト闇金がいいかもね。

 

違い

僕がはじめて借金した消費者金融はアイフルです。
当時のCMでは チワワを起用していたので印象に残っています。

申込みはアイフル店舗の無人契約機に行き、申し込みをしたことを覚えています。

アイフルの店舗に始めて入った時はとにかく緊張しました。

まず、他の利用者がいないかどうかをすごく気にした記憶があります。

スタッフは怖いのかなと思いましたが
大手の人は 印象がいいですね。

 

話を戻すと お金を借りるといった行為なので、

あまり他の人には会いたくはなかったのでしょう。

 

まあ、僕が利用した店舗はほぼガラス張りで、

店内の様子がよく見えたので無駄な心配でしたが。

銀行と同じスタイルでしたね。

 

家族や職場にアイフルを利用したことがバレないかと不安でしたが

在籍確認があるので 消費者金融から電話が

職場に来るのかなと思いましたが個人名でかけてくれました。

 

もしも返済が滞った場合、どういった対応されるのだろうかと心配でしたので、

スタッフに確認すると本人と連絡が取れればいいですよということでした。

 

店内に入ってみると店員の姿なんかもまったくなく、まさに無人でした。
無人契約機ですから 当たり前ですよね。

カード発行までの手続きは無人契約機にいくつかの情報を入力することで
次のステップに進めます。無人契約機で申込みと審査と融資が完了です。

そうそう、困ったことがあったら、無人契約機には受話器で、

相談ができるのも心強かったです。

また、契約書類は 身分証明書が必要になります。

僕は住民基本カードと公共料金の領収書を持っていきました。