消費者金融より審査の甘いソフト闇金融

一般的に銀行に比べたら消費者金融での審査は緩いとはいわれていますが、それでもしっかりと調べられます。
特に今は法律でも借入ができる金額が決まっているので、消費者金融であっても借入額がオーバーしていると断られます。
急いでお金が必要になってしまったとき、困ってしまう方もいるでしょう。
さらに金融ブラック、申込ブラックになっている場合は、審査に通りません。
どうにも手立てがないときには、ソフト闇金を利用するという方法もあります。
審査は消費者金融よりもさらに甘く、金融ブラックや申込ブラックであっても通過しやすいです。
中には審査通過率が95%以上のところもあり、よっぽどの理由がなければ審査に通ります。
嘘つきや無職は100%通りませんが、勤務先もハッキリとしていていればブラックであっても大丈夫です。

■土日も申込可能なソフト金融は存在する

お金がほしくなるタイミングは、平日の日中とは限らないものです。
中には土日にお金がすぐに必要となり、ピンチを迎えている方もいるかもしれません。
数はあまり多くはないのですが、ソフト闇金の中には土日も申込可能な業者が存在します。
ただ申し込みはできても、即日振込になるかはタイミングで変わってきます。
おすすめは土曜日の午前中で、このタイミングだと即日振込も可能です。
特にお昼間際ではなく、午前中の早い時間たとえば9時や10時頃がおすすめです。
銀行などでも土曜日の午前中であれば振込に対応しているところもあり、ソフト闇金からのお金を自分の口座に反映してくれます。
審査結果が早いところでは15分程度で出ますので、手続きしてからすぐにお金を手にできます。
日曜日の場合はだいたいが銀行なども休みになっていて、月曜日の振込となる可能性が高いです。
たとえば金曜日の夜に気が付いたときには、土曜日の午前中に間に合うように手続きをしましょう。

■実績に応じて信用度が上がる

基本的にソフト闇金は利子が高いので、何回もリピートするのはおすすめしません。
それでもさまざまな事情で、何回か借入をしてしまうケースもあるでしょう。
その際にはしっかりと期日までに返済をし、決まりを守りましょう。
すると何回目かで信用度が上がり、利子が安くなる場合があります。
これまで10日で30%の利子が取られていた方も、15%や10%に減る可能性があります。
ソフト闇金は利子の金額が高いので、信用により低くなると大きいです。
完済歴が10回以上など、それぞれ業者によって条件は異なります。

■優良なソフト闇金を選ぼう

さまざまな業者が存在し、そこそこによってサービス内容も変わります。
何かあって相談するために電話をしても、丁寧な受け応えをしてくれるところもあります。
闇金と聞くと脅され家まで押しかけられるイメージがあるかもしれませんが、しっかりと期日を守り返済をすればむやみに押しかけてきません。
あくまで約束を守らずルーズな態度を取らなければ、特にソフト闇金は紳士的な態度で接してくれます。
優良で安心なソフト闇金では、返済方法もわかりやすくホームページに記載しています。
騙しなどもなく、借りる側から見てもわかりやすいのが特徴です。
お金を借りて返済の期日が来たときには、その日の午前中に返せるのがベストです。
午後など遅い時間になると、業者側でも本当に返済してもらえるのか不安を感じます。
万が一のため信用も得たいのであれば、借りたものは期日までに早めに返済できるようにしましょう。
申し込みのときに必要になる書類は、だいたいが本人確認書類と給与が確認できる書類です。
免許証、健康保険証、公共料金の写し、携帯電話の料金の写し、名刺、社員証、給与明細などは、提示を要求されたときすぐに出せるようにしておくとスムーズです。