申し込みページを見れば無審査かどうかわかる

ソフト闇金には無審査で借りられる会社があると噂されています。
ソフト闇金は数多く存在するのですべての会社が審査ありとは断言できませんが、審査があるかどうかはソフト闇金の公式ホームページの申し込みページを見れば判断できます。
もし本当に無審査で借入できるのであれば、個人情報さえ入力すれば借入できるはずです。
職種や収入・給料日などの入力項目が用意されているなら、審査があると考えて間違いないです。
審査なしで借入できるのであれば、職種や収入などを入力する必要性はないでしょう。
職種と収入の入力を求められるのは、安定した返済能力があるか見極めるためです。
つまり返済能力を精査するための審査が行われるのです。

■ソフト闇金はボランティアではない

ボランティア団体が困った人にお金を給付するのであれば、審査は必要ないかもしれません。
しかしソフト闇金は営利目的で運営しているので、返済能力のある人にしか貸してくれないです。
審査とは返済できる見込みがあるか見極めるのが目的です。
借入希望額によって審査に通過する場合や落ちたりするケースはありますが、借入希望額をどんなに少なくしても無審査では借りられないと考えてください。
お金に困っているときは無審査で貸してくれる会社が神様のような存在に見えるでしょうが、こうした会社は怪しいと考えるべきです。
ありえない優良条件を提示してくる会社は避けたほうが良いです。
闇金を例にするとわかりますが、言葉巧みに勧誘してきますが借りると大変なことになるでしょう。

■なぜソフト闇金は無審査だと思われる?

ブラックに登録されていても借りられる、個人信用情報にネガティブな履歴が残っていてもOKなど、こうした文言からソフト闇金は無審査だと誤解されています。
しかしこれらは審査のハードルが低いだけであり、審査がないわけではありません。
審査なしでお金を調達できるならば給付であり、借金である以上は審査は必ずあります。
個人間の貸し借りを例にしても、実は審査が行われているのです。
友人から借金の申し込みをされたとき、本当に返してくれるのか慎重になるはずです。
金額が大きくなればなるほど精査するのは間違いありません。
つまり借金をするときは金融機関・ソフト闇金・個人間を問わずに審査があるのです。

■無審査で貸すという会社は信用するべき?

闇金の中には無審査で貸すという謳い文句を売りにしているところがあります。
ありえないほどの好条件を提示してくるのも闇金の特徴ですが、現実は借入するときに親族や身内などの個人情報の提示を求められることが多いです。
なぜ自分の個人情報以外の情報が必要かというと、返済に逼迫したときに親族や身内に借金のことをバラすと脅すためです。
確かに闇金の中には申込者に返済能力がなくても融資するところはありますが、その先には厳しい取り立てが待っています。
ソフト闇金に関しては原則として審査があり、闇金のように無審査では貸してくれません。

■無審査を謳っているソフト闇金は利用するべき?

世の中には無数の金融機関が存在し、それらすべてを優良か悪徳か判断するのは困難です。
ソフト闇金に関しても同様であり、ソフト闇金を名乗っていても実態は闇金というケースはあります。
安全なソフト闇金から借りるためには、審査のあることを確認するのが得策です。
誰にでも貸し出しするという条件を提示してくる場合は信用できません。
無審査で借りられるということは、誰でも借りられることを意味します。
自分事に置き換えると理解しやすいですが、見ず知らずの他人にお金を貸すことはしないでしょう。
健全なソフト闇金は審査がありますし、利用者が返済できない金額を無理に貸し出すこともしません。