ソフト闇金の疑問

近年、よく耳にするようになったソフト闇金ですが、どのようなイメージがありますか。
闇金と聞くと法外や金利で貸し付けを行うことや厳しい取り立てがあるなど、ネガティブなイメージを持つ方が大半かもしれません。
現在、ソフト闇金と呼ばれる業者は全国に増えています。
そこで、ソフト闇金とはどんなものなのか、さらにどんなメリットやデメリットについて調べてみました。

■ソフト闇金とは?

ソフト闇金という言葉だけを目にすると利用者に親切丁寧に対応してくれるといったポジティブなイメージを持つ方が大半です。
審査が通りやすいだけでなく返済期限を融通してくれる業者もあるなど、早急に無理な金利を支払うことなく、お金を借りたいという方の強い味方になってくれるのではと思う方も多いのではないでしょうか。
しかし、実際に利用した方の体験談をチェックしてみると高評価な意見ばかりでなく、ネガティブな意見も多くあります。
丁寧な対応をしてくれたという意見のほかにも高金利で貸し付けられたという体験談も少なくなく、金利は一般的な闇金とさほど変わらないということがわかります。
悪徳なソフト闇金業者からお金を借りてしまうと高額な利息が発生し、困難な返済を迫られる可能性も否定できません。
そのため、思わぬトラブルに見舞われてしまうことがないように利用する前には必ず金利や返済方法を確認してみることが大切です。
また、実際に利用した方の体験談などをチェックし、メリットだけでなくデメリットにも注目してみましょう。

■メリットはとにかく対応が親切なこと

ソフト闇金は、紳士的で丁寧な対応をしてくれる業者がとても多いことで知られています。
利用者に対してとても優しく接してくれるので、利用者は年々増え続けています。
ブラックリスト入りしていても即日融資が可能であることや在籍確認をすることなく、お金を借りることができるのもメリットといえるでしょう。
ほかの業者から融資を断られてしまったという方でもソフト闇金であれば、すぐにお金を借りられる可能性が高いと言われています。
審査対象者は、自己破産や債務整理などでブラックリストに掲載された方や総量規制の限度ギリギリまで借入をしている方のほかにも専業主婦、アルバイトの方なども対象としています。
また、申し込みのしやすさもソフト闇金のメリットです。
業者の公式サイトから簡単に申し込みすることが可能なので、仕事や育児が忙しくわざわざ店舗まで足を運ぶ必要はありません。
24時間365日申し込み可能なのも魅力となっており、いつでも好きなタイミングで融資の相談ができます。
中には、審査を行っていない業者もあります。
安定した収入があれば誰でも無条件で融資を受けることができるので、他業者に断られてしまったけど今すぐお金が必要という方にとって強い味方になってくれるのもソフト闇金の利点です。

■金利が高いのもデメリットの一つ

ソフト闇金は、審査が通りやすくブラックリスト入りしている方や支払い能力が低い方もスムーズに借入できるものの、借金に対する金利が高いことでも知られています。
たとえば業者によっては、借入からわずか1週間ほどで融資額の2割もの利息が発生する場合や10日間で3割の利息を支払わなければいけないといった法外な金利が設定されているところもあります。
ソフト闇金という名前だけを見聞きすると丁寧で優しいイメージがありますが、返済が困難になってしまうと高額な利息を支払わなければならず苦しい返済を迫られることも少なくありません。
また、返済できない場合は、取り立てがあるのはもちろんのこと、実家や勤務先に連絡がいくこともあります。
お金を貸すときは、とても優しく丁寧に対応してくれますが、返済できなくなってしまった場合には厳しい取り立てがあるということを忘れてはいけません。
さらに近年では、個人情報が悪用されるというトラブルも発生しています。
優しく丁寧な対応をしてくれるため、利用者がソフト闇金業者を信頼してしまうケースも多く見られます。
しかし、業者を信頼してしまったことで多くの個人情報を伝えてしまい自分自身だけでなく家族や親族などにトラブルが発生してしまうこともあるため、注意が必要です。

■利用する前に注意したいこと

ソフト闇金を利用する前には、本当にお金を借りなければいけないのかをもう一度考え、自身の債務状況を確認してみることが大切です。
現在、さまざまな方法で債務状況を改善することができます。
弁護士や司法書士に相談し債務整理を行うことや国が提供している公的な融資制度を利用してみることも安心安全な方法です。
今現在、厳しい状況の中で生活している方は、今すぐにでもお金が必要だと思っているかもしれません。
しかし、悪徳な闇金業者からお金を借りてしまうと生活を再建することは難しくなります。
まずは、現状をしっかりと把握し、思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことがないように安心安全に再建できる手立てを考えてみましょう。