審査に落ちた原因は基本的に教えてもらえない

ローンの審査全般に共通することは、審査に落ちても原因がわからないことです。
貸金業者に聞いても回答してくれませんので、自分なりに分析するしかありません。
ただ落ちるということは、融資をするに値する信用力がないとみなされています。
この人に貸し出しても回収できない可能性大と判断されているのです。
審査に落ちてしまった場合は、同じ業者からは借入できないので、別のソフト闇金に申し込みしましょう。
審査基準は業者によって変わるので、1社目でダメでも2社目は通ることがあります。

■審査落ちする最大の理由とは

無職・無収入は審査落ちする一番の要因ですから、現在において仕事をしていない人は借りるのが困難です。
収入がゼロだと返済能力がないので、ソフト闇金は顧客から回収することができません。
ソフト闇金は誰にでも融資すると思われがちですが、返済できる見込みのない人には貸しません。
最初から踏み倒す目的で申し込みをしていると察知された場合も審査に落ちます。
勤務先や収入などに嘘や誇張があると、借入できる可能性は低いです。
勤務形態は会社員であればまったく問題はなく、非正規雇用の人にも対応してくれることが多いです。
一方で水商売や派遣社員・登録制スタッフなどの場合は借入できないケースが多くなります。

■ブラックであることは意外と問題にならない

一般的な金融機関ですとブラックならほぼ確実に融資はしてくれません。
一方でソフト闇金はブラックでも問題なしと判断することが多いです。
ブラック不可とすればソフト闇金に申し込みする人がいなくなってしまうからです。
消費者金融よりソフト闇金のほうが高金利ですが、それでも借りる人がいるのはブラックOKだからです。
それゆえ去年任意整理をして借金を減額した、過去にローンや税金・公共料金の支払いを延滞していた、などの条件に該当しても借入できます。

■個人情報を提示できないケース

ソフト闇金の特徴として多くの個人情報を求めてくることがあります。
消費者金融だと身内や友人の連絡先や住所は聞いてこないでしょう。
キャッシングは自分の信用を担保にして融資を受ける手段であり、自分自身の情報を提示すれば審査を受けられます。
これに対してソフト闇金は他者の個人情報を要求してくることが多々あります。
なぜ身内や友人の情報を求めるかというと、回収率を高めるためです。
ソフト闇金から借りてそのまま逃げてしまう人がいるので、安易に逃げられないようにするためです。

■勤務先への在籍確認が取れない

ソフト闇金は借り手がしっかりと返済を続けるように布石を打っています。
勤務先への在籍確認は確実に行われると考えたほうが良いでしょう。
実際に会社に電話連絡をして申込者が在籍していないか確認されます。
嘘をついていると確実にバレてしまい、融資を受けられなくなります。
ソフト闇金側から見てリスクの大きいと判断する相手には融資は行われません。
在籍確認を取れない場合は、無職と判断されてしまう可能性があります。

■携帯電話を所有していないと厳しい

金融機関からお金を借りるとき、固定電話・携帯電話のいずれかを所有しておくことが条件になります。
いずれもない場合は連絡を取れないので借りることはできません。
ソフト闇金の場合は連絡をするとき携帯電話でやり取りするため、携帯電話を所有していることが必須になります。
ソフト闇金が取り立てをするときは、自宅に訪問をするケースはほとんどないです。
取り立てのほとんどは電話で行われるので、携帯電話がないと審査に落とされてしまうのです。

■本人確認と収入証明は両方必要

ソフト闇金から借りるには、少なくとも本人確認と収入証明書類が必要となります。
これらの書類を用意できないと審査を受けられません。
消費者金融は少額融資の場合だと収入証明不可とするところが多いですが、ソフト闇金は必要になります。
ほかにも公共料金の支払い証明を求めてくる会社もあるなど、会社によって必要書類が変わってきます。
これらの書類は信用力・返済能力の担保となるもので、提出できないと借りられないと考えてください。

■返済能力ギリギリまで借りている場合

審査に落ちた原因として借りすぎもよくあります。
たとえば光熱費の支払いができていない状態は、収支のバランスが崩れているのです。
収入よりも出費のほうが多いと、ソフト闇金の返済に回すことができません。
ソフト闇金はブラックでも貸してくれますが、返済能力がない人は不可です。
貸して回収ができなくなれば、業者側が損をしてしまうからです。
他社のローン返済のためにソフト闇金に申し込みするような状況ですと、審査に落ちてしまう可能性が高くなります。
ただ高額の希望額では融資が無理でも、10万円や20万円などの少額なら借りられる可能性があります。
審査に落ちてしまう一因として、希望額が大きすぎることを考えておきましょう。