■融資上限額まで借りられるとは限らない
貸金業登録をしていないソフト闇金は、融資上限額や金利を運営者が自由に決めています。
闇金と比べると融資上限は低い傾向があり、50万円超に対応しているところは少ないです。
20万円や30万円などの少ない限度額を設定し、融資対象者を増やすという手法をとっています。
そのため、消費者金融や闇金などと比べると、高額融資を受けるのに向いていません。
融資上限はソフト闇金側が貸し出しする上限額であり、すべての借り手が上限額まで借りられるわけではありません。
返済能力を見極めての融資になるので、返済能力が低いと判断されれば、高額融資は難しいでしょう。
とくに初回融資に関しては少額に収まる傾向があり、これはきちんと返済してくれる債務者かどうか、利用履歴がなく判断ができないためです。
■何度も借り入れしていれば高額の相談可能に
ソフト闇金側が好む利用者は、月1などの安定したペースで借りてくれる人です。
こうした人に関しては、段階的に高額融資に対応してくれる傾向が見られます。
ソフト闇金側への相談はいつでも可能ですが、応じてくれるかどうかは人によります。
利息だけでも支払いできていれば問題ありませんが、利息の支払いも無理となれば、追加融資は受けられません。
初回の利用においては高額融資は困難で、10万円や20万円の借り入れができればかなり多いほうです。
初回から高額融資をしてくれるソフト闇金は皆無ではありませんが、より多くの必要書類を求められるケースが少なくありません。
高額を借りるためには、それに相応する信用力を担保として差し出す必要があるのです。
■最初から高額融資に対応した会社に申し込む
ソフト闇金は運営元の資金力により、貸し出しできる金額が変わってきます。
初回から50万円などの高額を希望するなら、高額融資に対応しているソフト闇金を選びましょう。
最高30万円までしか対応していない会社から、50万円を借りることはできません。
融資の利用において一番大切なのは信用力で、これは返済能力のことを指します。
初回融資というのはもっとも信用力を低く見積もられるので、借り入れは少額に抑えておくのが得策です。
収入が多いから返済能力も高いとはいい切れず、借り入れした本人に返済の意思がなければ、返済能力はないのと同じです。
債務者が地道に返済するか見極めるために、初回融資では少額融資からスタートするのです。
ただし、ほかの闇金からの利用履歴があり、無事に完済した人なら、初回から高額融資に対応してくれることはあります。