■借入金の用途は自由
ソフト闇金からの融資は、利用目的を問われることは少ないです。
そのため、ほかのソフト闇金から借りたお金を一本化するために利用する人もいます。
審査のときに用途を聞かれないなら、自分から伝える必要はないです。
一本化相談可能などとアピールしているソフト闇金なら、一本化のための借り入れが原因で、審査に落とされることはないでしょう。
ノンバンクや銀行の場合も、キャッシングは用途を問わないのが基本ですが、一本化は不可などと例外があるケースが少なくありません。
ソフト闇金を利用すれば、4社から5万円ずつ借り入れしているような状況において、20万円を借り入れして解消できるのです。
■実際は一本化するために借りる人は少ない
ソフト闇金は高額融資には対応しておらず、貸付上限は20万円や30万円などが目立ちます。
消費者金融が500万円、街金が50万円を上限にしているケースが多いことを考えると、ソフト闇金は、高額融資を受けるには向いていません。
一般的に一本化のために借り入れする方は、多額の債務を抱えています。
20万円や30万円くらいの借入金をまとめるのに、一本化をする人は少ないです。
多くは100万円~数百万円以上の借り入れをしており、利息の支払いに困っている人が利用するのです。
■手数料も考慮して決める必要がある
ソフト闇金は闇金よりも低金利ですが、手数料が発生するという特徴があります。
ローンの一本化をするからには、返済総額が増えては意味がありません。
一本化のために新規のソフト闇金と契約する場合は、3,000円程度の手数料を支払いする必要があるので、それも考慮したうえで、返済総額のシミュレーションをしてください。
申し込みを検討するソフト闇金の金利が低く抑えられているなら、手数料を支払ってでも一本化したほうがお得になるかもしれません。
金利が変わらないのであれば、一本化する経済的なメリットはありません。
■借入先を減らすためには役立つ
ソフト闇金1社から借り入れできる金額には上限があるため、複数から借りている人は少なくありません。
借入先は増えるほど精神的苦痛が大きくなるため、同額の債務を抱えている状況で比較すれば、借入先は、1社でも少ないほうがいいのです。
複数から借り入れしていると返済手続きをするのも大変ですし、うっかり返済漏れするリスクも大きくなります。
それゆえ、一本化して返済総額が現状と変わらなくても、借入先が複数社から1社になるのであれば一本化するメリットはあります。