そもそも闇金とは?
困ったときにお金を借りる先としては、消費者金融があります。
大手の消費者金融であれば知名度もあり、上限金利も法律によって決まっているので、安心してお金を借りることができます。
しかし、借りたお金の返済ができなくなって滞納を繰り返したり、債務整理などを行ってしまうとブラックリストに登録されてしまい、それ以上借りることができなくなってしまいます。
その際に利用されるのが、闇金です。
闇金は違法な貸金業者の総称であり、ブラックリストの人にもお金を貸すのが特徴です。
そのため、「もうどこからも借りられない」という人が、違法な業者と知りながらも利用してしまうのです。
しかし、闇金の金利は法外に高いだけでなく、返済が遅れると厳しい取り立て行為を行うなど、利用には大きなリスクが伴います。
■闇金とソフト闇金はどこが違うのか
一時は社会問題にもなった闇金ですが、貸金業法の改正などによって、活動が大きく規制されるようになりました。
そして、闇金に変わって登場してきたのが、「ソフト闇金」です。
言葉だけを聞くと「優しい闇金」のような響きですが、実際にはどのような業者なのでしょうか。
簡単にいえば、ソフト闇金は「自分たちは優良業者だ」と宣言している闇金のことです。
ですから、ホームページを公開している業者もたくさんあります。
たしかに、従来の闇金と違って「接客態度がソフト」ですし、「金利を明確に示してそれ以上のお金を求めない」、「悪質な取り立て行為はしない」といった特徴がありますが、違法業者であることには変わりありません。
また、金利についても法律で定めた上限金利を超えるケースがほとんどであり、実際には、闇金と大きな違いはありません。
■自営業者でもソフト闇金で借りられる?
自営業者だからソフト闇金から融資を受けられない、ということはありません。
しかし、自営業者は一般の会社員などと比べて、お金が借りにくいことがあります。
また、借りることはできても上限額が低く抑えられてしまうというケースも多いです。
これは毎月決まった収入が見込める会社員と違って、収入が不安定だからです。
では、自営業者がソフト闇金を利用して融資を受けることはできるのでしょうか。
これは、その自営業者が、融資の条件を満たしているかどうかによって決まってきます。
闇金の場合は利用者に対して審査は一切行いませんが、ソフト闇金では簡単な審査を行うところもあります。
とはいっても、消費者金融等の審査とは比べ物にならないくらい基準が甘いものなので、ほとんど収入がないといった人でなければ、融資を受けることはできるでしょう。
ただし、収入が少なければ、借りられる金額は少なくなってしまいます。