消費者金融がダメだった人でも可能性がある
もともとソフト闇金は、金融機関から借り入れできない人に融資をしています。
消費者金融では事業資金の借り入れに対応していないことがありますが、ソフト闇金なら借り入れ可能なところが多いです。
売掛先からの入金が遅れており、キャッシュフローが不安定になっている個人事業主の方も借り入れできるのです。
審査は、本人確認と収入証明書類を用意すれば受けられます。
限度額は信用力と比例するため、初回では5万円からスタートする会社もあります。
何度か借りることで10万円、20万円というように上がっていきます。
ソフト闇金は、高額の創業融資や運営資金を借り入れするのではなく、ちょっとだけ足りない状況で利用するのが得策です。
「あと3万円だけ足りない」といった状況で、スピーディーに銀行振込で融資してくれます。
■一般的にハードルが高いとされるのが事業資金の借り入れ
消費者金融の審査は、個人事業主よりサラリーマンのほうが有利になります。
サラリーマンは毎月の給与額が大体決まっているのに対して、個人事業主は月による変動が大きいためです。
キャッシングの利用条件で、「用途不問・ただし事業資金は除く」という表記を見たことのある人は多いでしょう。
つまり、生活費のために借りるよりも、事業の運営資金の借り入れをするほうがハードルは高いのです。
消費者金融から借りられない、または緊急でお金が必要になったときなどは、ソフト闇金が役立ちます。
審査はWEBや電話のみで完了し、店舗に行く必要はありません。
融資は日本全国に対応しているので、地域による格差はまったくありません。
返済方法は銀行振込のみになりますから、店舗に出向いて、知り合いにバレるなどのリスクがないです。
■他社の債務が多いと借り入れ可能?
ソフト闇金は借りやすいといわれますが、無条件・無審査ではありません。
返済能力がある人にしか貸し出ししないのは、ほかの金融機関と同じです。
ソフト闇金には審査のとき、他社からの借り入れ状況を聞いてくるところがあります。
他社からの借り入れは、金額・件数ともに少ないほどよいです。
すでに債務超過の状態にあると判断されれば、融資してもらえない可能性があります。
ソフト闇金は慈善事業ではないので、返済能力のない人には貸してくれません。
返済能力ゼロの人に貸すということは、お金をあげるのと同じことです。
審査の際に嘘をついて他社借り入れを隠すと、結果的に自分自身が返済できずに困ることになるので注意してください。
過去の金融トラブルによるブラックリストへの登録に関してはあまり問われませんが、現時点で延滞している場合は、審査でマイナス評価になります。