自営業の場合でもブラック融資は可能なのか
「個人であればブラック融資が可能でも、もしかしたら自営業だとお金の借り入れは難しいのではないか」と心配な方もいるかもしれません。
ブラック融資は、審査基準として自営業だからということはあまり関係ありません。
それよりも収入があり、返済能力があるかどうかが重視されています。
お金を貸すからには返してもらわなければいけないので、収入がない人に貸すのは、リスクでしかありません。
逆に働いていなくても、年金受給者や生活保護を受けていて収入がある場合には、ソフト闇金に申し込みをしたときにOKが出る可能性が高いです。
年金であれば2か月に1回、生活保護の方であれば1か月に1回必ずお金が銀行口座などに入ってきますので、そのお金で返済すると約束できれば、融資が受けられるケースもあります。
自営業の方でも収入があれば、ブラック融資の申し込みをしても、借り入れできる可能性はあります。
■安定しない収入の場合
ソフト闇金では、審査はほとんどなく、借りたお金を返済できる能力が今あるかどうかを見ます。
自営業をしながら、会社関係の資金繰りが大変で一度破産した経歴があったとしても、現在収入があれば、問題なく借りられるのです。
安定しない収入の場合は、これまで破産をしてたりという経歴がなくても、断られる可能性もあります。
安定しない度合いにもよりますが、最低は毎月30万円以上の手取りはあって、50万円や時には100万円いくというケースと、毎月いいときで10万円程度で、ほかは0円、もしくはマイナスになってしまうというのでは変わります。
安定しないといっても、最低でも入ってくる額が安定していると借り入れができますし、逆に0円の月が多いと、貸したとしても返済が滞る可能性があると思われ、断られる可能性が高くなるのです。
■安定した収入があればほぼ可能
過去にソフト闇金とトラブルになってしまうなどのよほどの不利なことがなければ、審査はほとんどないので、お金を貸してもらえます。
とくに安定した収入があり、収入を証明できるようなものがあれば、その書類を提出することで「この人は自営業だけれども、安定している収入があるから大丈夫」とみなされます。
過去に官報に載ってしまった経験があっても、緊急のときにブラック融資を受け、ピンチをしのぐことは可能です。
自営業は、自分の身分証明書のほかに、会社についての書類を提出するようになりますので、申し込みのときにスムーズに提出できれば問題ありません。