借入が限定される個人事業主の悩み
個人事業主は、収入が不安定、収入が得られるかはすべて自分にかかっている、融資を受けても万が一、病気やケガなどで働けなくなれば返せなくなる、といった不安定要素を抱えています。
そのため、融資を受けたくても条件や審査が厳しく、銀行融資など金融機関からは断られるケースがほとんどです。
公的な助成金などを申し込んだとしても、助成額は極めて限定的です。
利用しやすい、審査が30分で可能といった触れ込みのカードローンや消費者金融においても、一般個人であれば、比較的審査がとおりやすいのに対し、個人事業主となると審査が厳しくなり、保証人などが求められることも少なくありません。
■ブラックになったらもはやアウト
やっとの思いで借りられたのに返済ができなくなるなどし、ブラックリストに載せられたものなら、もはやアウトです。
どの業者に申し込んでも融資が受けられず、クレジットカードなども作成できなくなります。
仕入れ資金や運転資金がなくなり、取引先への支払いなどができなくなれば、事業も廃業せざるを得なくなるほか、払えなくなった借金や取引先への支払いだけが残され、自己破産か夜逃げをするしか選択の道は残されていないように思えてしまうかもしれません
■事業を続けるためには
事業を続けるためには、なんらかの方法で資金を用立てなくてはなりません。
「その道があれば悩むことはないのに」と言われそうですが、救われる術があります。
それが、ソフト闇金です。
ソフト闇金は闇金であって、正当な貸金業者ではありません。
ですが、映画やドラマに登場するような闇金とは異なり、取り立てがソフトなうえ、その人の状況に応じて足元を見て高利をふっかけてくるのではなく、借入額や返済回数などによって予め手数料や金利を提示しているため、資金計画を立てて借入れることが可能です。
■ブラック個人事業主でも借りられるのか
いくらソフト闇金でも、ブラック歴があるのに貸してくれるのかと、不安になるかもしれません。
ですが、ソフト闇金は、基本的に仕事をしていて、収入があれば審査にとおります。
借金の返済や取引先への支払いをするには余裕がないほどの収入であっても、とにかく毎月、なんらかの収入が入ってくるなら、ほとんどの場合は貸してもらえます。
そのため、無職の人などはNGですが、ブラックであっても個人事業主として働いているなら、貸してもらえる期待が持てます。
確定申告書の提出が求められることもなく、保証人を立てろと言われることもないため、手間なく借りられるでしょう。